借金相談から債務整理の手続き

抱えている借金を返せない状態になった場合は弁護士や司法書士などに相談をしてから必要に応じて債務整理の手続きなども代行して行ってもらうことになります。

債務整理にはいろいろな種類があって金融機関と話しをして返済の仕方を見直してもらうことで借金返済ができそうな場合は任意整理による借金整理が行なわれ、それでも難しい場合は特定調停や民事再生の適用となります。

任意整理と違っているのは特定調停や民事再生については借金の一部を減らしてもらうことができるので返済しやすい状態を作っていくことができることですが、その反面で手続きにかかる時間が長くなることや報酬の金額が増えるなどのデメリットもあります。

債務整理の手続きをした時点でお金の借り入れをしている金融機関に対しては通知が送られるので、それからは取り立てや催促が無くなるので多重債務になっていて複数の金融機関から連絡があった場合は精神的な負担についてもかなり軽減されることになります。

借金を返すことができない状態にならないようにするためには計画性をきちんと持つことも大切ですが、債務整理を検討している場合も借金整理までの流れをきちんと把握して計画を立てる必要があります。

借金返せない弁護士or司法書士ランキング

債務整理のメリットとデメリット

返せない借金があって悩んでいる場合でも借金問題に強い弁護士や司法書士などの方の専門家に相談をすることで問題解決の糸口が見えてくることもあります。

その際に債務整理を勧められることもあると思いますが、債務整理で手続きを進めていくことで借金問題の根本的な解決を図っていくこともできるので借金の悩みから解放されることになります。

借金が返せない状況になってしまったのは自分自身のせいでもあるわけですが、債務整理をしたからと言って生活が急変するようなことはなく、しつこい取り立てなどがあった場合は平穏な日々を取り戻すことができます。

ただし金融機関からの信用は地に落ちてしまうのでそれからは新しくローンを組むことができないことやクレジットカードを作ることもできなくなってしまうので注意しなければなりません。

また自己破産になると所有している資産が強制的に没収となってしまうので住宅や車などを保有している場合はそれを手放すことになり、仕事においても就くことができない仕事が出てきます。

債務整理の種類によってもメリットやデメリットは変わってくるので、弁護士や司法書士に相談をする際に債務整理について分からないことがある場合は聞いておきましょう。

自治体の借金相談会を利用する

私が借金の返済に困った場合に利用しようと考えたのが自治体が定期的に開催している借金相談会で、返せない借金についての相談をして必要に応じて債務整理に対応しているところを紹介してもらうこともできます。

自分で借金問題に対応している弁護士や司法書士を探して対応してもらえるところを探すという方法がベストなのかもしれません。

これまでに利用をしたことがないことや悪質な法律の専門家がいるというのもネットで見る機会があるのでそう考えると自治体の借金相談会の方が安心できます。

個人的に自治体の借金相談会を利用して良かったと思うのが無料で相談することができること、そして親身になって話しを聞いてくれたことです。

ただし、一人あたりが相談できる時間というのは事前に設定されているのであらかじめ相談したいことを簡潔にまとめてから相談しやすい状態を作っておけば良かったなというのは反省点としてあります。

借金の返済を自力ですることがむずかしい状態になっていると残される選択肢は債務整理になります。

でも、早い段階であればおまとめローンを使って借金を一つにまとめることや借り換えローンなどを使って金利の負担を減らすことができたのになと思います。